引越 アーク

アーク引越センターの仕事ぶり

 

今回の引越はアーク引越センターに依頼した。

 

段ボール、ガムテープなどの梱包資材は無料で提供された。

 

ただ、食器類を梱包する際、他の梱包資材がなかったため使っていないキッチンペーパーなどでくるみ、梱包しなければならず少しもったいないと感じた。

 

引越当日、集荷前に連絡が来るはずであったが、連絡なく来たため少々驚いた。

 

営業の方と連絡が行き違いになったそう。

 

ただ、早く来てくれたのでそれはそれで助かった。

 

荷物運びはさすが専門業者なだけある。

 

二人の男性がぱっぱとあっとう間に積み込み完了。

 

入居先へも、壁にてきぱきと緩衝材を張り、傷がつかないように保護。

 

搬入時には営業の方や応援者も来て、またもあっとう間。

 

最後に、アーク引越センターの作業員のかたと営業の方が挨拶をしてくれ、無事引越が終わった。

 

食器をしまう際、私の家庭では新聞をとっていなかったため、つつむ緩衝材がなかった。

 

始めはほとんど使っていなかったタオルやフキンを使い食器類をくるんだ。

 

タオル類がなくなってきたので、比較的安く購入でき、割りと柔らかいキッチンペーパーを使ってくるむ。

 

ミシン目が付いているので、食器の大きさに合わせてカットできるのもよい。

 

また、ベタではあるが衣料品はすべて圧縮袋にいれ圧縮。

 

布団用のものにいれると、枚数も少なくて済む。

 

引越し後には、布団用に再利用できるのも経済的ではないだろうか。

 

また書籍などは、かさばるし重たい。

 

というわけで、裁断機とスキャナーを活用し、半分ほどの本を電子化。

 

これにより荷物を減らすことができた。

 

 

 

アークで引越しをした時に気をつけた事

 

アークを使って引越しをしました。

 

引越しは、なかなか大変ですが、何度か経験したことでは、業者について、インターネットで評判のよいところ、しかも安いところを、選ぶことです。

 

ここで注意することは、あまり、安いところは、アルバイト(学生など)を大量に使っていることがあるので、避けたほうがいいと思います。

 

業者は2?3社選び、合い見積もりするのが良いと思います。

 

人数は何人か、トラックの台数、トン数、かかる時間、アルバイトは何人か等をそれぞれ聞き、一番誠実そうなところを選ぶのが良いと思います。

 

約一か月まえから準備をするのですが、この機会に要らないものの整理をするのが良いと思います。

 

引越し業者から、ダンボールがきたら衣類、台所用品、本等、分けてつめることと、その中身を必ずわかるように書いておくこと。

 

割れ物等重要なものは、箱に赤ペンで「取扱注意」と書いておくことです。

 

また、引越し先のどこに置くか、これも重要で、あらかじめ、部屋の番号を決めておき、それをダンボールに記入しておくのが、運ぶ人にとっても良いですし、あとで整理するほうもわかりやすいと思います。

 

貴重品およびすぐ使う日用品は、必ず、自分でもって移動することが大切です。

 

引越し業者の人は、食事は自分たちでしますが、お茶等ふるまったほうがいいと思います。

 

お互いに信頼し無事に引越しができるようにしていくのが、良いことだと思います。

 

アークの業者は比較的レベルが高かった方だと思います。

 

アルバイトと思わしき人もしっかりしていましたし、上司が怒鳴って注意しているのも見かけませんでした。

 

上記に書いた方法を使うと金額も結構安くなるので、安めでもクオリティの高い引越しが出来ると思います。

 

これらの理由から私はアーク引越センターを人によく勧めています。